〜ゲーム開始に戻る〜




殺し屋達は、それぞれの顔を伺う。
すると、ある人物だけが、全てを悟った顔をしている。



その人物は、今回木屋町を殺害した犯人。



「フラット」こと、貴船歩由である。



「とりあえず、作戦通りというところでしょうか。」



切迫する空気の中、ガチッと音を立てて、貴船の拘束が外れる。



また、「ザクロ」は自ら名乗り出ることはなかった。
それは当然のことかもしれない。



「ザクロ」は、テーブルの上に首だけで佇む木屋町だったのだから。



「フラット」こと、貴船歩由は竹下と宝ヶ池の反応を伺う。
しかし、その表情は、彼の思っていたものとは異なっていた。



「どうして、そんな顔をしているんですか。」



貴船は、思わず2人に尋ねる。
宝ヶ池と竹下は抵抗しようとはせず、
素直に死を受け入れようとしていた。



「うーん、別に生きる理由ももう無くなっちゃったんだよね。
 だから、ここで死ぬのも仕方がないかなって。
 最後にあんたを当てられなかったのは、めちゃくちゃ悔しいけどさ。」



宝ヶ池は、悪戯げに笑う。



「ワシも、もう「奇跡の右腕」なんて呼ばれるのには疲れてね。
 あの世で、お師匠様と一緒にマジックを盛り上げるとするかな。」


竹下は遠い目をしつつ、微笑んだ。



そして、二人は小さくうめき声をあげる。
どうやら、腕輪から何かが注入されているようだ。
少しの間を開け、宝ヶ池と竹下は机に突っ伏した。



大広間から、このフロアの外部へと繋がる扉が開く。



貴船は、その扉の方へと目を向けた。



あれほどまでに固く閉ざされた扉は、
あっけなく音を立てて開くのだった。



〜事件の真相・解説へ進む〜

カテゴリー: hidden

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です