〜ゲーム開始に戻る〜


「ウィッチ」こと宝ヶ池奈津は、
これから自分に起こるであろうことを察し、覚悟を決めた。



あーあ、これで、私もおしまいみたいね。



私は、大きくため息をついた。
何で、私が疑われちゃったんだろうな、そんなに怪しかったかな?



誰がやったのかは分からない。
「もう一人の私」かもしれないし、竹下と貴船のどちらかかもしれない。



いずれにしても、私を選択したってことは、推理としては失敗なんだけどさ。
最後に、暴れても仕方がない。
人生の最期くらいは、潔く死にたいと思ったから。



そういえば、思い返してみると、本当にくだらない人生だった。
宝ヶ池家の人間は、「宝」を持って生まれてくる。
それが私の家系に伝わる言葉だ。



そんな中、私は他の家族とは違い、何の「宝」もなかった。
だから、お母さん以外、誰も愛してくれなかった。



腕輪から何かの液体が流れ込んでくる。
少しずつ意識が遠くなってくる。
ゆっくりと、しかし、確実に死が近づいているのを感じる。



私と一緒に、きっと「もう一人の私」も死ぬ。
もう目覚めることはないだろう。



これから訪れる眠りは、きっと永遠に続くものであるから。



そういえば、私は、おとぎ話のお姫様に憧れていた。
王子様が迎えにきてくれて、ハッピーエンドが来るんだって信じていた。



だけど、死ぬ間際になって、やっと気づいた。
私がお姫様に憧れていたのは、周りの人間が愛してくれていたからだ。
妖精に、小人に、家族に、誰からも好かれていた。



私は、王子様からじゃなくて、
ただ、みんなから愛されたかったのかもしれない。



なんて、くだらないよね。



あんなにも忌み嫌っていた兄弟の顔が、最後に浮かぶ。
走馬灯っていうやつなのかな。



最後は毒で死ぬのって、なんかお姫様っぽいな。



そんなバカなことを思っていたら、私の視界は真っ暗になった。
ガチッ、と拘束が解ける音がした。



それがどこから聞こえたのか、私には分からなかった。


「奈津、あなた、どうしてここにいるの?」


私が好きだったお母さんの声が、聞こえた気がした。



何も持たずに生まれてきて、何も持たずに死んでいく。
それも私らしいかな、と思わず頰が緩む。



私は、「もう一人の私」と深い闇へと消えていった。




〜事件の真相・解説へ進む〜

カテゴリー: hidden

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です