当企画について

この企画は、制限時間30分以内にAIを使用して小説を書かせるものとなっています。当コンテンツはAIのべりすと様のツールを使って記述しております。
可能な限り、人の手を除外することを目的としており、本文の赤字部分のみがいとはきの執筆した部分となり、他は全てAIの書いたものとなります。

https://ai-novel.com/novel.php



「マッチ売りの少女とギャル」

「マッチはいりませんかーマッチはいりませんかー」
マッチ売りの少女は、雪の降る寒い夜にマッチを売っている。
しかし、マッチは1箱も売れない。
このマッチが全て売り切れるまで、家に帰ることはできない。

すると、向こうから金髪のギャルが歩いてきた。
「えードタキャンとかマジありえないんですけど!もう切るから!」
ギャルはスマートフォンで彼氏に電話をしているようだ。
マッチ売りの少女は通話を終えたギャルに話しかける。

「あの、マッチはいりませんか?」


「あ?なにそれ?」
「マッチです」
「要らないし。てゆーかさぁ…………」
ギャルは少女を上から下まで眺めると、
「あんた、あたしよりブスじゃんw」と嘲笑った。
「そんなことありません!」
少女はそう言い返すと、手に持っていたマッチを全て擦って火をつける。
そして、その火のついたマッチを次々と投げ捨て始めた。
「ちょっ!?何やってんの!?やめてよ!!」
「あなたのような人には死んでもらうしかないんですよね」
少女は次々と燃え盛る炎を、目の前にいるギャルに向かって投げた。
「きゃあああっ!!熱い!熱いぃぃぃ!!」
「ふぅ…………これで心おきなく帰れますね」
少女は微笑みながら、雪の中へと消えていった。
こうして少女は無事に家に帰り着きました。


少女の家はマッチで引き起こした炎を操る能力を代々継承する一族でした。
しかし、少女はその能力を私的な理由で悪用するため、「炎の悪魔」と呼ばれていました。


そんなある日のこと。
少女の父親である男が、突然少女の前に現れたのです。
「お前の能力は素晴らしい!我が家系の中でも最強の力だ!」
男は少女の手を取り、強く握りしめました。
「だが、このままでは私の代で終わるだろう。私が死んだらどうなると思う?…………次の当主を決めなくてはならないのだ」
「私は…………どうすればいいのですか?」
「簡単だよ。誰か好きな男を選んで嫁げばよい」
「私が選んだ人が次期当主になるということですね」
「そうだ。ただし、その力は絶対に秘密にしておかなければならない。もし、他の者に知られたら大変だからな」
「わかりました。それで、一体誰と結婚すれば…………」
「それは自分で決めなさい。明日までには見つけておくように」
「はい」
次の日。少女は街へ出て、一人の青年と出会いました。
「あの、マッチはいりませんか?」
「ああ、買うよ」
「ありがとうございます!」
少女は笑顔で、ポケットからライターを取り出して点火しました。
「お兄さん、これどうぞ」
「おお、これは助かる」
青年が受け取ったマッチを擦ると、ボッという音と共に青白い炎が立ち上りました。
「ありがとよ」

少女は戦慄しました。彼も、自分と同じ能力者だったのです。
マッチ売りの少女は青年は運命の人だと思いました。


それからというもの、少女は毎日のように青年のもとへ通いつめます。
「今日もいい天気ですね」「ああ、良い仕事ができそうだ」
青年の仕事とは、マッチを擦って出た青い炎で相手を焼き殺すことです。
少女がマッチを売ると、必ず1本だけ青い炎が出るようになりました。
そして、その炎を操れるのは少女だけでした。
「いつも悪いな。俺はもうすぐこの街を出るんだ」
「そうなんですか?どうして?」
「俺の雇い主が、もっと大きな街に引っ越して来いって言うんだよ」
「そうですか…………」
少女は寂しくなりました。
「でも、また会えるよ」
「はい!」
こうして、少女と青年は別れました。

それから、3年後。少女は青年と再会することとなります。
しかし、それは敵同士だったのです。


「久しぶりだな。元気してたか?」
「あなたこそ、よく生きていたわね」
「まあな。ところで、こんな所で何をしているんだ?」
「見ての通りよ。マッチを売っているの」
「そうなのか。じゃあ、これをくれ」
「はい!毎度ありです!」
「おまえ、マッチ売りのクセにマッチ売ってないじゃないか」
「うるさいわね!黙って受け取りなさいよ!」
少女は、マッチを擦って出した赤い炎を青年に向けて投げつけました。
「おっと!危ねぇな」
青年は、炎を受け止めました。
「あら、受け止められちゃった」
「こんなもの、どうするつもりなんだ?」
「こうするのよ」
少女は、炎を握りつぶしました。
「あーあ、せっかくの力を無駄にしちまって」
「あんたが悪いんでしょ」
「そんなこと言っていいのか?お前の父親は俺の雇い主なんだぜ」
「ふん、どうせそのうち殺されるのよ」

2人の緊張が高まったそのとき、ある影が2人の前に現れました。
マッチ売りの少女は驚愕しました。
それは、あの時少女が焼き殺したはずのギャルだったのです。


「あ~あ、やっぱバレてるよね」
「…………あなた、生きてたのね。でも、どうやって…………」
「あなたの炎で燃やされたと思った?残念でした!あたしの能力の方が強いから、炎は効かないんだよねー」
「…………」
「てゆーかさぁ、あんたの炎で火傷したせいで、超痛くて死にそうなんだけどぉ」
「ごめんなさい。許してもらえるとは思わないけど…………」
「やめてくんない?そういうのマジウザいから。あたしが欲しいのはお金だけ。わかるぅ?」
「…………わかったわ」
少女は財布から万札を取り出すと、ギャルに手渡した。
「えーっと…………50万円くらいかな?まいどあり~」
「…………これでいいでしょ。帰ってちょうだい」
「はぁ!?ふざけんなし!あなたは私を殺そうとしたでしょ!?」
「…………」
「あたしはあんたのせいで顔に大火傷したのよ。この傷を治すには200万以上かかるの。
当然、治療費も払ってくれるわよね?」
「…………わかったわ」

すると、青年が話に入ってきます。

「おい、ギャル。そいつは俺のターゲットだ。
 邪魔するならお前も殺すぜ。」
「は?何言ってんの?意味わかんないし」
「おまえに説明してもわからないだろう。とにかく、そいつから離れろ」
「やだ」
「そうか。じゃあ、仕方ないな。…………おまえを焼き殺してやる!」
青年はギャルに向かって炎を投げつけました。
しかし、炎はギャルに当たる前に消えてしまいました。
「あっれぇ~?おかしいな。なんでだ?」
青年は何度も炎を投げましたが、すべて消えてしまいました。
「くっ!…………さすがに無理か。なら、直接攻撃するまでだ!」
青年は炎を纏った拳を振り上げ、ギャルに向かって殴りかかりました。
しかし、ギャルはそれを軽々と避けました。
「ちょっ!いきなり暴力とかマジありえないんですけど!」
ギャルが青年を指差すと、その先にあった木が燃え上がりました。
「ねえ、まだやんの?」
「くっ!調子に乗るんじゃねぇぞ!」
青年は両手の炎を燃え上がらせてから、ギャルに飛びかかっていきました。
「喰らえ!!」
青年は両の手のひらを広げ、ギャルを攻撃しますが全く通用しません。

ギャルはニヤリと笑うと、青年の体にネイルの整った爪を軽く押し当てました。
すると青年の体は、すさまじい勢いで燃え盛ります。「ぐあああっ!!熱いぃぃ!!!」
「きゃはは!ざまあみろって感じw」
「貴様…………よくもこの俺を…………」
「なにキレてんの?自業自得じゃん。それに、私の炎は私が生きている限り永遠に消えないよ。
 あんた、あと5分で死ぬよ。」青年は必死になって火を消そうとしますが、全く効果がありませんでした。
「ふふふ、いい気味。あんたがいなくなったら、今度は私が当主になるのね。楽しみ♪」
「くっ!…………」青年は悔しさに歯噛みし、そして意識を失いました。

その時、マッチ売りの少女が現れました。
少女はギャルの前に立ちはだかります。「ちょっと!あんたの相手はこの私でしょう!?」
「は?あんた誰?」
「私はマッチ売りの少女。あなたを消しに来たのよ」
「マッチ売りの少女…………?あー、なんか聞いたことあるかも。でも、あたしの方が強いもん」
「やってみないとわからないじゃない」
「ふん、負け惜しみ?いいよ、やってあげる」
マッチ売りの少女は、ポケットからマッチを取り出しました。
そして、それを擦って赤い炎を出しました。
しかし、マッチ売りの少女の攻撃は全く通用しません。
その一方で、ギャルの炎は少女を強く包みます。「あはは、バカみたい。あんたみたいなブスが私に勝てるわけないでしょ?」
「…………私は勝つわ。絶対に」
少女はマッチを擦り続けました。
しかし、いくらマッチを擦っても炎は出ません。

マッチ売りの少女は負けを悟りました。気づけば、目の前には青年がいます。
少女は消えゆく意識の中で青年に思いを告げることにしました。


「好きです、付き合ってください」

青年は、答えません。彼を包む炎の痛みで気絶しているのでしょう。

少女は薄れ行く視界の中、自分の手の中にある最後のマッチを擦りました。
マッチの炎は青白く輝き、少女は最期の力を振り絞って、炎をギャルにぶつけました。
「きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

その炎は、マッチ売りの少女自身の最後の命を燃やして輝いているようでした。
ギャルを包む炎は火力を増し、彼女を焼き尽くします。
気づけば、青年を包んでいた炎は消えています。

マッチ売りの少女は、自分の命は助からないことを悟りました。
しかし、青年が助かってよかった。ただ、それだけの気持ちでした。

こうして、少女は安息の地へと旅立ってゆきました。
数日後、少女の葬儀が執り行われました。
その葬儀に参列していたのは、青年だけでした。
少女が死んでからも、青年は毎日のように少女の墓を訪れました。
そして、少女の墓の前で少女に話しかけるのです。


「俺もいつか必ず、おまえの所へ行くからな」


マッチ売りの少女は、幸せに生きていくことができたのでしょうか。



製作時間20分8秒
ランダム度:0.75
コンテキスト:2048


メモリ:
少女は青年のことが好き
青年は少女を殺そうとしている
ギャルは青年よりも圧倒的に強い



カテゴリー: aiwriting

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です