〜議論Bに戻る〜






これは、竜人の王ドラゴ・ヴァルスローダの記憶です。
お間違えがなければ、そのまま下へとお進みください。











あなたは、失われていた記憶を思い出した。



新規メインミッション



最も達成すべき目標です。
サブミッションよりも優先し、達成を目指してください。



・あなたは、どうやら事件の犯人である可能性があります。
 自分以外の怪しい人物に対して投票が集まるように試みましょう。




新規サブミッション




可能な限り、多くのミッションを満たすように行動してください。
メインミッションの達成ができなかった場合には、達成は全て無効となります。



・投票とは別個に、犯人を推理して特定すること。
  犯人は、自分自身である可能性もあります。
(犯人と思われる人物を、投票までに別個に書き記しておいてください。)







0:20「約束」




「やはり、あなたは変わってしまった。
 10年前の約束を果たすときがきました。」



自分は玉座の前に立つエイダ殿を見つめる。
玉座の後ろの壁には、短刀のようなものが掲げられている。
しかし、自分には、そんなものは必要ない。



自分はそう言って、エイダ殿の背中に爪を突き立てた。
その傷は、確実に致命傷であるように見えた。



エイダ殿は、こちらを振り向き、
そして、そのままうつ伏せに倒れる。



その時、死にゆくエイダ殿は、笑った気がした。



自分がその場から離れようとすると、
「資料庫」の方から、何かが落ちるような音がした。



誰かが、近くにいるのだろうか?




0:30「玉座」



自分の手には、血が付着している。
このまま出てしまえば、他の王に疑われるだろう。



どうにか、他の出口がないか探していると、
玉座の下に、階段のようなものがあることに気づいた。



自分は玉座から下の空間に入り、
玉座を元の位置に戻した。



その階段は、隠し通路になっており、
「客間」の裏手の通路を通じ、さらに「書斎」へと通じていた。



自分は「書斎」の内鍵をはずし、「井戸」で血を洗い流した。



その後、地下室から階段を上がり、
平静を装い、「客間」へと戻った。



しかし、「客間」には、誰もいなかった。



そのとき、呪文詠唱の音がした。




〜議論Bに戻る〜

カテゴリー: eida