はじめに

こんにちは、いとはきです。

皆さんは、ネタバレを踏んでしまったことはありますか?マーダーミステリー(以下マダミスと略す )におけるネタバレとは、主にゲームの犯人名や核心に触れるような行為全般を言います。基本的にマダミスはそれぞれのプレイヤーに対応した個別のハンドアウトが配られ、それらがゲーム外で他のプレイヤーに公開されないことによって成り立つゲームです。またプレイヤー全員が初見であることが必要とされるため、ネタバレが生じてしまった場合は二度とその作品をプレイすることはできなくなってしまいます。

現在はプレイヤーの良心によってネタバレがほとんどない環境となっていますが、やはり例外は存在します。その中で、悪意からではなく思考の欠如によってネタバレをしてしまうことも考えられます。また当記事では、ネタバレに類する行為としてメタ発生型の感想についても触れていきたいと思います。

具体例をあげたほうがわかりやすいと思いますので、ネタバレになりそうな言動について架空の作品を用いて提示し、どのようにネタバレが生じているのか考えていきます。







当記事における架空作品「3匹の子豚は、地獄の業火に焼かれる。」


*この作品は存在しませんので、ネタバレが発生することはありません。
 時間のない方は、以下のあらすじと登場人物は飛ばしてご覧ください。


あらすじ


ここは、深い森の近くの平原。
この辺鄙な場所に、子豚の三兄弟が暮らしていた。

三男のヴィストローは藁の家に住み、
次男のツイッグは小枝の家に住み、
長男のブリックスはレンガの家に住んでいる。

彼らは「狼神教」と呼ばれる宗教を信仰しており、
その身を狼に捧げることで自らの種族が繁栄すると信じてきた。
そして、彼らは捧げ物となるべくこの場所に住んでいるのだ。
飢えた狼が自らの体を食すこと。
それが彼らにとっての至上の喜びであった。

しかしある日、1匹の狼が死んだ状態で発見されることになる。
その体は全身が茹で上がり、胸には何かが突き刺さった跡があった。
明らかに、豚の手が加わった状態だ。
神と崇める狼を殺すなど、彼らにとってあるまじき行為だ。

彼らは信教に反する裏切者を見つけ、
その豚を、地獄を模した炎の中に飛び込ませることとした。



登場人物


黒字部分はゲーム前の公開情報に該当する部分であり、赤字部分は秘匿ハンドアウトに書かれている部分です。



NPC 狼 ウォルデン
深い森に住む大柄なメスの狼。
実はツイッグと種族を超えた恋仲にあったが、喧嘩をして別れている。当日は、もう一度よりを戻せないかと考えてツイッグの住む小枝の家を訪れた。

長男 ブリックス
レンガの家に住むブタ。
犯人。狼自らの両親が捧げられたことを覚えており、復讐の機会を伺っていた。当日はツイッグがウォルデンを戦闘不能にしたのを見て、ウィストローの持ち物のブッチャーナイフで殺害した。

次男 ツイッグ
小枝の家に住むブタ。
犯人ではないが、自分が殺したと思い込んでいる。ウォルデンと恋仲にあったが、小枝の家に訪れた彼女を不注意から熱湯の入った鍋へと突き落としてしまう。

三男 ウィストロー
藁の家に住むブタ。
犯人ではないが、狼を狩る猟奇的殺狼鬼である。その犯行に使われる武器から「ブッチャーナイフ」という名前で呼ばれている。彼自身は非常に戦闘能力は高く、ウォルデンは次のターゲットであった。


ネタバレについて

当記事では、直接的ネタバレと間接的ネタバレに大きく区分けして記述していきます。また、一つの論点としてメタ想起型の感想についても触れていきたいと思います。



直接的ネタバレ

明らかなネタバレであり、マダミス の性質上絶対に行ってはならない行為です。マダミスの決まりごと自体を知らないプレイヤーが不注意で行う場合や、稀に愉快犯である場合に行われることがあります。

①犯人についての言及

「ブリックスやったけど、犯人の立ち回りってやっぱ難しいな。」

直接的にブリックスが犯人であることを暴露しています。ゲームの核心的なネタバレに該当します。


②犯人以外についての言及

「ウィストローやったけど、どうやって逃げきるのよ。
 犯人じゃないのに、血の付いたブッチャーナイフ持ってるの怪しすぎでしょ」

ミッション内容に触れた上で、自分が犯人以外であることに触れています。また作中で秘匿になるべき証拠品にも触れています。犯人以外の作中情報もマダミスの中では核心的な情報に当たるため、ネタバレに該当します。



間接的ネタバレ

直接的ネタバレに比べて、発生しやすい形式のネタバレです。複数の要素を組み合わせることによりネタバレが生じることで発生します。ここでは、Twitterでの投稿を例に挙げてみます。


①通過リストと犯人率

投稿A. 2021/10/25
マダミス 大好き@DAISUKI_MADAMADA
「ここのところ三連続で犯人なの笑う。メンタルやられるわ。」

投稿B. 2021/10/29
マダミス 大好き@DAISUKI_MADAMADA
「通過リストまとめです!
 1. 2021/10/10 赤ずきんは血に染まる。  猟師 パトリオット       
 2. 2021/10/18 竜宮城閉鎖のお知らせ。  平目 グレイ
 3. 2021/10/24 三匹の子豚は地獄の業火に焼かれる。 長男 ブリックス
 4. 2021/10/28 なまくびころりん          黒鼠 ジャック」


Aから「ここのところ三連続で犯人」という文章があり、Bからこの書き手のツイートの「通過リスト」があることにより犯人であるシナリオが導き出せます。複数の情報によりネタバレが発生していますが、発信者はこのことに気づいていないことが多くあります。



②通過の感想とリプライ

ツイートA. 2021/10/25

伊藤まゆ@mayu_madamisu0911
「『3匹の子豚は地獄の業火に焼かれる』通過しました。
犯人役やったんですが、楽しめました。」

ツイートB. 2021/11/20

井戸田春樹@HARUKI_ITO
「『3匹の子豚は地獄の業火に焼かれる』を長男ブリックスで通過!
 評判通り通り楽しかった!!!」

ツイートBに対すリプライ 2021/11/20

伊藤まゆ@mayu_madamisu0911
「@HARUKI_ITO
井戸田春樹さんも通過したんですね!!!
私も同じ役だった〜楽しかったよね!!!」


これは実際に見かけたこともある形式のネタバレです。論理パズルのようですが、順に説明していきます。最初に「伊藤まゆ」さんが犯人役をやったことがわかります。その後「井戸田春樹」さんが長男ブリックスで通過していることがわかります。最後に「伊藤まゆ」さんが「井戸田春樹」さんと同じ役をやったことから、ブリックスは犯人であることが導けます。

この形式で見るとネタバレであることは明らかなのですが、発信者側からすると投稿の間に時間が経過していることからネタバレだと思わずに投稿していることが考えられます。特にこの形式で悪意を持って投稿していることは少ないので、気付き次第、DMなどで注意喚起をしてもらえると改善されるかと思います。


③ふせったーの利用方法のミス

伊藤まゆ@mayu_madamisu0911
「『3匹の子豚は地獄の業火に焼かれる』を○○○○○で通過しました!犯人役だったのですが、無事に乗り切りました。作中の感想はネタバレを含むので、ふせったーにまとめています。」

ふせったーとは、ネタバレに当たる内容を対象者に対してのみ公開できるツールです。ネタバレに当たる内容をプレイ者にのみ伝えるため、正式な方法で感想を述べることができます。その中で、ふせったーの冒頭部分のみを一部伏せ字のまま載せる機能があるのですが、この場合文字数のみが公開されます。

例えば、上記のツイートでは犯人の名前が伏せ字になっているのですが、文字数は5文字。このシナリオにおいて5文字の登場人物はブリックス以外にありえません。従って、この投稿はネタバレにつながっています




メタ想起型の感想


この形式の感想はグレーであり、これを一般的にネタバレと呼ぶかは見解が分かれるかと思います。作者によっては許容していることもあり、後で記述しますが一定の注意が必要な感想となります。この記事では、このメタ想起型の感想をネタバレとは分けて定義をしていきたいと思います。

ここにいうメタとは、「ゲーム上知り得ないような行為」とします。例えば事前にこの感想を見ることにより、ゲームに対する向き合い方が変わりうるようなものをいくつか挙げさせてもらいたいと思います。


①推理に対する向き合い方

「推理を難しく考えすぎちゃった。もっとシンプルに考えればよかったな。次から頑張ろう。」

推理をシンプルに考えればよいと記述することで、複雑な思考が必要ないということが分かります。推理難易度が提示されることにより、複雑な要素が用いられるような推理導線を考慮する必要がないことが想起される可能性があります。

②ギミックについての示唆

「途中で一気にやること変わるからびっくりした。初めに計画してたことがひっくり返っちゃった。」

追加ハンドアウトや追加ミッションがあることを示唆する可能性があります。衝撃的な展開に関しては知らない方が遭遇した時の衝撃も変わると思うので、作者の見解によっては伏せる方がより良いかと思います。


③プレイ後の感情に関する感想

「めちゃくちゃエモくて、終わった後放心した。
 このシナリオと出会えてよかった!」

感動的なシナリオに対して、「エモい」という言葉が用いられることがあります。「エモい」シナリオであれば、悲劇的な展開が訪れた際にそれが解消されるような出来事があると想起される可能性があります。これは後に記述しますが、このような感想を許容する作者(私も含め)もいる一方で、避けて欲しい作者もいるかもしれません。




ネタバレを見つけた時の措置

基本的にネタバレをSNS上で見かけた場合には、DMなどで間接的に注意をしたり、作者に連絡するなどの措置をしていただければと存じます。ネタバレを踏んだ時点で自らは犠牲者となりますが、それ以上に被害者を増やさないためにも、このような措置をしていただけると、製作者としてもプレイヤーとしても助かります。不注意によるネタバレであれば、ネタバレの投稿者が投稿を消すなどの措置を行う可能性は非常に高いです。

稀に愉快犯が存在しており、その人物は注意喚起を行ったとしても投稿を消すなどの措置をしない可能性があります。その場合には、タイムライン上に「現在、『3匹の子豚は地獄の業火に焼かれる』のネタバレが浮上中、未通過者はタイトルで検索しないよう注意。」などの注意喚起をしていただければと思います。決してリツイートなどをして、ネタバレツイートは広めないようお願いします。

いずれにしても、リプライなど公に見える形で直接ネタバレを指摘するのは控えた方が良いです。これはリプライ自体も他の未プレイ者の目に映る可能性があるためです。リプライ自体もネタバレやメタの想起をさせることがあり、あまり良い影響を及ぼすことはありません。このことから、DMに誘導してから注意喚起をしていただければと思います。



ネタバレを防ぐために


①ゲームのプレイ中に得られるに関する情報には一切触れないこと。

ゲーム内部の情報とは、ゲームを実際にプレイして得られる情報全般を言います。この時犯人や自分の役割、ミッション、証拠品関連の情報に関しては触れると間違いなくネタバレになります。また犯人が複数いるシナリオや、事故死、自殺、犯人がNPCなどの犯人がプレイヤー内にいないシナリオも想定されます。そのため、特に犯人周辺に関する要素には一切触れない方が良いと考えられます。

一方、あらすじや登場人物に関する事前情報などは公開情報であるため、触れても問題がないと考えられます。どこまでが触れていい情報なのかは吟味する必要があるかと思います。


②作者の見解を調べること。

当記事で触れたメタ想起型の感想については、許容する作者とそうでない方々がいるかと考えられます。現在、このメタ誘発型の感想については許容されていることが前提で投稿がなされています。もしこの点に配慮をしたいということであれば作者の見解を調べた方が良いかと思われます。





おわりに

マダミスのネタバレに関する問題は難しく、特にメタ想起型の感想に関して言うと感想との境界線の判別が付きづらい状況にあります。メタ想起型の感想については作者やプレイヤーにとってのメリットもあるため、さらに議論は難しいです。

私の見解としては、私の作品に対する「残念だった、悲しかった、嬉しかった、感動した、泣いた」などの自分の抱いた感情について言及することは許可しております。しかし、これらの情報でさえメタ要素は発生すると考えています。例えば、感動できるシナリオということはこういう展開はないだろうとか、悲しいシナリオということは最後に叩き落されるような展開になるだろうという結末を想起させてしまう可能性があるからです。

これは重視する観点の提示についても同様で、推理重視のシナリオなんだ、ロールプレイ重視のシナリオなんだ、と言う前情報があるだけでメタ的な視点が発生する可能性があります。私自身のシナリオでは、製作者である私自身が事前にそのような傾向を公開しています。このような行為を行う理由は、ミスマッチを防ぐためです。メタ要素を完全に除外してゲームに参加するとなると、自分の好きな傾向とマッチングが行われない可能性があります。そのため感情に関する感想についての許容と重視する観点の記述を行うこととなりました。

この記事で述べたメタ想起型のツイートについては、ネタバレと比べてタイムライン上に現れる傾向にあります。私自身は禁止すべきであるとは思いませんが、作者様の中には控えてほしいという方々もおられるかもしれません。もしこの観点を気にしつつ感想を述べるのであれば、作者がどの程度までの情報公開をネタバレとするか、あとがきや前文などから解釈することをおすすめします。もちろん、直接型・間接型ネタバレについては、議論の余地なくネタバレに該当するので、解釈をするまでもなく投稿してはなりませんので注意してください

一度しか遊べないゲームのネタバレは、ゲームの体験価値を殺すことにつながります。自分の大好きな作品の感想を述べることで、大好きな作品を殺さないよう注意を払う必要があるかもしれません。ルールやマナーを守り、楽しいマダミス体験をしましょう。



いとはきのマダミス


エイダ

マーダーミステリーゲーム


おにさがし

カテゴリー: daily

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です