レイド 「支配からの解放」
解放条件:自殺であることを突き止める


「死罪にならなかっただけ有難いな。
 慈悲をかけてくれたことは、感謝するよ。」



俺は皮肉のように言うが、
エリザには全くと言っていいほど、響いてはいないようだった。
ただ、首を横に振るばかりだ。



エリザは、俺の前に立って歩く。



父さんがこいつを初めて連れてきたとき、
「誰も信じない大人ぶったガキだな」と感じた。
そして、「俺の鏡写しのような性格をしている」とも感じた。
エリザの他の何者も信じない、その冷徹さはまるで自分自身のようだった。



そういえば、俺はなぜ花火が鳴った時、
「投票の儀」をすぐに行わなかったのだろう。



無理矢理にでも行ってしまえば、
奴らは互いを疑いあったまま、投票に入ることもあっただろう。
それをしなかったのは、
俺は俺自身が裁かれることを、どこかで望んでいたからだろうか。


俺は少しため息をついて、父さんの言葉を思い出した。
お前は、自由になれ。
それが、父さんの最後の願いだった。
俺は、ハレル村をもう一度だけ振り返る。



いつもと同じで、厚い雲に覆われているこの村が、
俺には、どこか今までと違って見える気がした。



俺は、ハレル村を背に一歩を踏み出した。
その時、俺は初めて自由を感じたのだった。


カテゴリー: onisagashi

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です