〜竹下波瑠の個人配布に戻る〜




竹下波瑠 導入




ここまで来た記憶はなく、どうしてここに拘束されているのかもわからない。

最後の記憶といえば、ガレッドに何かを頼みに行ったところだ。
しかし、殺す標的もいなくなったというのに、ワシは何を依頼したのだろうか。何かの薬で眠らされた副作用なのか、どうにも思い出せない。


「お前たちに行ってもらうのは、「マーダーミステリーゲーム」だ。」


主催者は、説明を続ける。
何か変声機でも用いているのか、不自然な声だと感じた。



「マーダーミステリーゲーム」という言葉には、どこか聞き覚えがある。


確か、中国や欧米を中心に流行したトークゲームだ。
用意された殺人事件のシナリオを、
プレイヤーが推理して犯人を裁くというもの。


触れる機会はなかったものの、誰かが夢中になっていた。



「お前たちは、私が集めた選りすぐりの殺し屋たちだ。

 ある親切な男が、私に教えてくれたんだ。」


目の前のスクリーンにある人物が映し出される。
それは、ワシが最後に話した人物、ガレットだ。



唯一の違和感は、彼が既に死体になっているということだろう。
体には拷問の跡もあることから、彼から情報が漏れたのだろうと察した。
口の軽い男ではあったが、私の情報はたやすく売られてしまったようだ。


やはりあの男は、最後まで掴みどころがなかった。


アナウンスはゲームの内容を続ける。


「シナリオは、まだ用意されてはいない。
 今から、お前たちがシナリオを作るんだ。
 90分以内に殺し合いを行い、そしてそれを推理してもらう。」


謎の声がそういうと、正面の画面に明かりがついた。
部屋には何もなく、他の人物の顔は見えない。


画面には、以下の5つの単語が並んでいた。


・「ヴァイズ」

・「ウィッチ」

・「ザクロ」

・「バブル」

・「フラット」



「バブル」は、ワシの「通り名」だ。
つまり、ここに表示されている他の単語は、他の人物の「通り名」だろう。

「もう既に察してはいるだろうが、
 これは、殺し合いを行う参加者の「通り名」だ。
 それでは、今から詳しいルールを説明する。」

主催がそういうと、スクリーン上に
「マーダーミステリーゲーム」のルールが公開された。



「殺し」の技術に関しては、自分が一番優れている。
しかし、油断は大敵だ。いつもそれを実感させられている。



私は今までと同じように、杖で奇跡を起こすことにしよう。



「奇跡の右腕」として、最後のステージを飾るのだ。






〜竹下波瑠の個人配布に戻る〜

カテゴリー: hidden

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です