〜議論Bに戻る〜











これは、獣人の王ヴァル・ドレッドの記憶です。
お間違えがなければ、そのまま下へとお進みください。



























あなたは、失われていた記憶を思い出した。



新規メインミッション




最も達成すべき目標です。
サブミッションよりも優先し、達成を目指してください。



・あなたは、どうやら事件の犯人である可能性があります。
 自分以外の怪しい人物に対して投票が集まるように試みましょう。


新規サブミッション




可能な限り、多くのミッションを満たすように行動してください。
メインミッションの達成ができなかった場合には、達成は全て無効となります。



・投票とは別個に、犯人を推理して特定すること。
 犯人は、自分自身である可能性もあります。
(犯人と思われる人物を、投票までに別個に書き記しておいてください。)







0:20「記憶がない」


エイダは俺に興味を示さず、早く話を切り上げようとした。



「本当に、やめるつもりはないんだな。」というと、



「ああ、その通りだ。」と返される。



力による支配が訪れるくらいなら、この手で終わらせてやる。



獣人族と他の国は関わりもない孤高の国だ。
この手で殺したとしても、今までと変わることはない。



俺は腕を振り上げて爪を立て、背後かから心臓を突いた。
背中の皮膚と肉を貫き、臓器を抉り、確実な致命傷を与えた。




エイダはうめき声をあげて逃げる。
もはや、こいつが助かることはないだろう。




0:30「記憶がない」



俺は、そのまま血を洗い流す。
このまま俺の犯行がバレないのであればそれでも良い。



俺の爪からは、先ほど付着した血は全て取れた。
しかし、床には血だまりができている。



「食堂」からは、移動して離れた方が良いだろう。



俺が動こうとした時、ドアの軋む音がした。
その方向を見ると、そこにはスタンがいた。



スタンは慌てて「玉座の間」へと走っていくようだった。



俺は、ただただ立ちすくんでいた。




すると、何か遠くの方で、呪文の詠唱音がした。





〜議論Bに戻る〜

カテゴリー: eida