ディーダ
メインストーリー「あのドアの向こうに」



私は、今も信じられなかった。
あのドアの向こうへ消えていってしまったお父さんとお母さんと、
もう一度会うことができるなんて考えてもいなかったんだ。



村の門が開いた。
追放された村人達を率いているのは、
間違いようもなく、私のお父さんとお母さんだった。



少し老けてしまっているのは、十年もたったからだろうか。



「お父さん…お母さん…」



私は、泣きながら、思わず2人を抱きしめる。
お父さんとお母さんは、私をぎゅっと抱きしめ返す。



「ごめんな、少し待たせすぎたな。」

「ずっと、いい子でいたんですね。」



あの時の続きだった。
ドアの向こうには、行かなくて良かったんだ。
待っていたら、2人は帰ってきてくれた。
そして、日常が帰ってきたんだ。



私は、涙が止まらなかった。
ただただ、泣き崩れていた。

カテゴリー: onisagashi

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です