チャルド

メインストーリー「科学者として、人として」



条件分岐A:フォードとマリーの正体を導くことができなかった。


時間が経てば、ベルは遠くへ行ってしまうはずだ。
しかし、この少年フォードは、私に助けを求めている。



私は立ち止まって考える。
フォードの母親であるマリーという人物を助ければ、
ベルとは、もう会えないかもしれない。



私はもう一度、フォードの顔を見る。
そして、ベルの言ってくれた言葉を思い出した。



「ベル….君ならきっと、こうするんだろうな…」



私は、小さく呟く。



「フォード。至急、君のお母さんのところに案内してくれ。
 まずは、君のお母さんだ。
 その後は、私の大切な人を探すのを手伝ってくれ、いいな。」



私の言葉を聞いて、フォードの顔は晴れ渡るようだった。
これが、正解かはわからない。正解などあるのかもわからない。
そして、これは科学者としての答えではなく、ベルが出すはずの答えだった。



私はフォードとともにルーデルの病院を訪れた。
病室の奥へと進み、容体をみるために、フォードの母親の顔を覗く。



「どういう….ことだ….!?」



そこには、紛れもなく私の最愛の人ベルがいた。
10年前のあの頃から、歳をとり少し痩せたようだが、あのベルだった。
私は、医者と相談して治療薬を投与した。



すると、みるみるうちに体調は回復していった。
しばらくするとベルは目を覚まし、体を起こした。



私は、彼女の顔をまじまじと見て尋ねる。



「君は、やはりベル…でいいんだな…?」



私がそう言うと、ベルは私をからかうように笑う。
その笑い方は、ベルそのものだ。



「私の顔を忘れちゃったの、悲しいな。
 ハレル村から追放されたことがバレると面倒だから、
 ルーデルでは、名前を変えることにしたの。」



私は大きく息をつき、話を続ける。



「こんな奇跡があるんだな。
 まさか、フォードが君の子供だったなんて。
 勇敢なところは君に似たんだろう。」



私は今まで奇跡など信じなかった。
しかし、この天文学的な確率に何か運命のようなものを感じたのだ。
ベルは、私のそんな言葉を聞いて吹き出したように笑い、そして話を続ける。



「”私たちの子”は、男前でしょ。
 無茶なところもさ。チャルド、きっと、あなたに似たんだよ。」



私は状況が飲み込めず、沈黙する。



「あの晩に別れた後、私のお腹の中に
 子供達がいることがわかったんだ。だから、再婚はしなかった。」



ベルは、悪戯げに笑う。
その笑顔を見て、私は思い出した。



そういえば、ベルは言っていた。
もし、自分達に子供ができたら、
誰よりも他人のことを思いやれるような子供になって欲しいと。



冗談みたいな理想だと私は思っていたが、
私の目の前にはその理想が広がっていたんだ。




条件分岐B:マリーの正体に気づき、フォードがベルの子供であることを導く。



この少年、フォードは、ベルの子供である。
その事実は私にとっては衝撃的な事実だった。



「フォード。
 至急、君のお母さんのところに案内してくれ。」



私の言葉を聞いて、フォードの顔は晴れ渡るようだった。
私は彼とともにルーデルの病院を訪れた。
病室の奥へと進み、容体をみるために、フォードの母親の顔を覗く。



そこには、紛れもなく私の最愛の人ベルがいた。
10年前のあの頃から、歳をとり少し痩せたようだが、あのベルだった。



私は、医者と相談して治療薬を投与した。
すると、みるみるうちに体調は回復していった。
しばらくすると、彼女は目を覚まし体を起こした。



私は、彼女の顔をまじまじと見て答える。



「君は、やはりベル….でいいんだな….?」



私がそう言うと、ベルは私をからかうように笑う。
その笑い方は、ベルそのものだ。



「私の顔を忘れちゃったの?少し、悲しいな。
 ハレル村から追放されたことがバレちゃうと面倒だから、
 ルーデルでは名前を変えることにしたの。」




私は大きく息をつき、話を続ける。




「こんな奇跡があるんだな。
 まさか、フォードが君の子供だったなんて。
 勇敢なところは君に似たんだろう。」



私は今まで奇跡など信じなかった。
しかし、この天文学的な確率に何か運命のようなものを感じたのだ。
ベルは、私のそんな言葉を聞いて吹き出したように笑い、そして話を続ける。



「”私たちの子”は、男前でしょ。
 無茶なところもさ。チャルド、きっと、あなたに似たんだよ。」



私は、状況が飲み込めず、沈黙する。



「あの晩に別れた後、私のお腹の中に
 子供達がいることがわかったんだ。だから、再婚はしなかった。」



ベルは、悪戯げに笑う。
その笑顔を見て、私は思い出した。



そういえば、ベルは言っていた。
もし、自分達に子供ができたら、
誰よりも他人のことを思いやれるような子供になって欲しいと。



冗談みたいな理想だと私は思っていたが、
私の目の前にはその理想が広がっていたんだ。

条件分岐C:フォードが自分とベルとの間にできた子供であることを導く



この少年フォードは、私とベルの子供である。
その事実は、私にとっては衝撃であった。



「お願い!お母さんを助けて!」



フォードは、涙目を浮かべている。



「フォード。
 至急、君のお母さんのところに案内してくれ。」



私の言葉を聞いて、フォードの顔は晴れ渡るようだった。
私は一刻も早く、ベルのもとに行かなければならない。
ルーデルに着くと、フォードが母親のいる病院へと私を導く。
私は病室の奥へと進み、容体をみるために、フォードの母親の顔を覗く。



そこには、紛れもなく私の最愛の人ベルがいた。
10年前のあの頃から、歳をとり少し痩せたようだが、あのベルだった。



私は、医者と相談して治療薬を投与した。
すると、みるみるうちに体調は回復していった。

私は、彼女の顔をまじまじと見て答える。



「君は、やはりベル….でいいんだな….?」



私がそう言うと、ベルは私をからかうように笑う。
その笑い方は、ベルそのものだ。



「私の顔を忘れちゃったの?少し、悲しいな。
 ハレル村から追放されたことがバレちゃうと面倒だから、
 ルーデルでは名前を変えることにしたの。」



私は大きく息をつき、話を続ける。



「こんな奇跡があるんだな。
 まさか、フォードが、私達の子供だったなんて。
 勇敢なところは君に似たんだろう。」



私は今まで奇跡など信じなかった。
しかし、この天文学的な確率に何か運命のようなものを感じたのだ。
ベルは、私のそんな言葉を聞いて吹き出したように笑い、そして話を続ける。



「私たちの子は、男前でしょ。
 無茶なところもさ。チャルド、きっと、あなたに似たんだよ。」



ベルは、悪戯げに笑う。
そういえば、私は言っていた。



もし、自分達に子供ができたら、
誰よりも他人のことを思いやれるような子供になって欲しいと。
冗談みたいな理想だと私は思っていたが、
私の目の前には、その理想が広がっていたんだ。


カテゴリー: onisagashi

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です