行動方針

あなたにとって、「ヒデリ病」の治療薬は自らの命よりも大切だ。ベルがいなくなった今、治療薬は、あなたの生きる希望ともなっている。そのため、絶対に治療薬の存在は、誰にも明かしてはならない。



しかし、あなたは真相解明には寄与する必要がある。そこで、可能な限り、情報を公開し整理に努めるよう行動しよう。



ミッション



あなたが、達成すべき主な目標です。
ミッションには優先度があり、両者の達成において矛盾が生じる場合には、
数字が小さいものほど優先して達成してください。
(①>②>③の順で優先する。)



①「ヒデリ病」の治療薬の情報を隠し切ること。

あなたは、治療薬の存在が生きる唯一の糧となっている。このことは、他の何者に知られたくはない。治療薬だけではなく、「鬼灯草」についての情報も可能な限り公開しない方が良いだろう。
もし仮に、「小瓶に入った液体」が誰かの手に渡ったとしても、この液体が治療薬であることは公開してはならない。あなたがどれだけ疑われたとしても、自白は絶対にしてはならない。



②事件の真相を明らかにすること。

あなたは、事件の犯人ではない。したがって、「おにさがし」を通じて、事件の真相を解き明かす必要がある。また、不必要な嘘や情報秘匿は、真相を遠ざける可能性があるため、十分に注意が必要である。



③謎の少年フォードの正体について突き止めること。

あなたは、この謎の少年フォードの正体について興味を抱いている。そこで、「おにさがし」のなかで、一定の答えを導き出す必要がある。彼がここに来た目的や、昨晩の行動などに耳を傾けると良いだろう。




自分の所持品についての情報



あなたは、以下のものを所有していたことを記憶している。また、以下に提示される証拠品については、他のプレイヤーから譲渡される、あるいは、他のプレイヤーと交換しない限り、自分が所有しているものとはみなさないので注意すること。

液体の入った小瓶無色透明の液体が入った小瓶である。小瓶を開けても無臭である。
薬品の調合書【資料Cを獲得】何かの薬品を作るための調合書である。
訪問者の痕跡チャルドの家の玄関の扉につけられた、人の手形のようなものである。小さな子供や女性の手の大きさであると思われる。



登場人物の情報


他の登場人物について、あなたが知っている情報である。全て、あなたの立場から知ることができる情報に限定して記述されている。



「おにさがし」参加者


アッシュ(32):
ハレル村の鍛冶屋をしている男性。ディーダの父親であるジャックとは非常に仲が良かったようだ。ホープという愛犬と暮らしている。



バーニー(30):
ハレル村の司書をしている女性。この村を追放処分となったベルとは仲が良かった。この村の歴史に詳しく、現在も歴史についての情報を集めているらしい。



ディーダ(19):
ジャックとジェニスとの間に生まれた一人娘。現在はパン屋をして生活している。前回の「おにさがし」では、両親がエリザに処刑された。両親がいなくなってからは、塞ぎ込むようになった。


エリザ(28):
村長ロージュと彼の息子レイドに仕える側近の女性。元々はこの村の出身ではなく、どこからか引き取られてきたようだ。冷徹に命令に従い、「おにさがし」の決まりを遵守する。前回の「おにさがし」では、ディーダの両親であるジャックとジェニスを処刑した。



フォード(?):
この村では、あまり見かけない顔だ。マリーという名前の母親と、ゲルダという名前の妹がいるらしい。隣町のルーデルからこの村にやってきたとされる。



レイド(57):
村長ロージュの息子であり、彼の補佐をしている。前回の「おにさがし」の進行役でもあった。



参加者以外の人物



ロージュ:
今から30年前に就任したハレル村の村長。前村長の側近であったが、それを引き継ぐ形で現在の任を受けた。



イメルダ:
ロージュの元妻であり、30年前の事件で毒により命を落とした。科学に関して優れた知見を持っていたらしい。



ジャック:
ディーダの父親。「自由の宝玉」の窃盗事件の犯人として、前回の「おにさがし」で、エリザにより処刑された。



ジェニス:
ディーダの母親。「自由の宝玉」の窃盗事件の犯人として、前回の「おにさがし」で、エリザにより処刑された。


ベル:
チャルドの元妻。外部の者と情報交換を行っていた罪で、前々回の「おにさがし」でハレル村から追放された。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です