シナリオ概要




・プレイ人数:6人
・プレイ時間:5時間30分(感想戦込み)
・公演期間 :5月〜(終了時期は未定)
・公演料金 :1人3500円
・応募方法 :応募フォーム(詳細は当記事内にございます)



・使用ツール:ココフォリア・ディスコード




>>3月の公演予約はこちら



シナリオPV




あらすじ



人生の終点をテーマとするSNS「タミステ」。
個人制作のアプリでありながら、国内利用者は500 万人を超えている。
ある日このアプリ内に、とある新作映画の感想が投稿された。


” 『ハッピータイム』は大衆ウケを狙った駄作だった。
 こだまスタジオの魅力は、1ミリも出ていない “



世紀の大ヒットを遂げたこの作品のファンは批判のコメントを送ったが、
5 人のユーザーがこの投稿に対して同意と賛辞の返信をした。
この投稿をきっかけに、6 人のグループである「こだまチャット」が作られる。



「こだまチャット」では絶えず書き込みが行われていたが、
ある日メンバーの1 人が自殺願望があることを明かした。
すると他のメンバーも次々と人生に絶望していることを告げる。



そんな中1 人が、とあることを提案する。
「どうせ死ぬなら、一緒がいい」
その書き込みをきっかけに、集団自殺のためのオフ会が決行されることになった。


開催場所となったのは、いわくつきの物件である「浮舟邸」。
駿馬電鉄の終点である浮船口駅から少し離れた場所にある大きな屋敷である。


それぞれのメンバーは、それぞれの思いを抱きながら、準備を整える。


彼らは、人生の終点へと歩き始めた。




登場人物










応募方法

(9/30改訂)

公演前月から事前予約を行います。当公演は貸切公演となりますので、代表者1名の方は期間中に応募フォームにて希望日の提出をお願いいたします。人数については、応募時ではなく後からでも構いませんが、代表者の方に自身を含む参加者6名をお集めいただきますのでご注意ください。

先着順ではありませんので、お時間がある時にお送りください。抽選終了後に、応募者様に当落をお送りします。この段階では仮予約となりますので、必ず送られたメール又はDMに本予約の返信をお願いいたします。

>>3月の公演予約はこちら



3月公演について


事前応募:(抽選)
2/9 19:00〜 2/19 19:00
応募者全員に当落をお送りしますので、メールが届かない場合には連絡をお願いします。連絡先(itohakikouen@gmail.com)。最終確認後、メール又はDMの返信にて、本予約が確定します。


3月の事前応募について




昼の部:GMせなまる。13:00〜18:30
GM大野愛  10:00〜15:30
夜の部:21:00~26:30
    20:00~25:30
夜の部については自由に選択可能です。

>>3月の公演予約はこちら





応募前の注意


もし誰かをお誘いする際には、必ず、以下の内容も合わせて伝えてください。

本作は「タミステ」は作者いとはきによる有料の作品となります。そのため、本作をプレイする前に同作者の無料作品である「マーダーミステリーゲーム」「エイダ」「ブルーホールミステリー〜夜明けのまちと『奇跡のブルー』〜」等を先にプレイし、シナリオの傾向を確認されることをおすすめします。

シナリオ傾向としては、「マーダーミステリーゲーム」よりも「エイダ」「ブルーホールミステリー~夜明けのまちと『奇跡のブルー』~」の方が近いかと存じます。

当作は上記の作品群とは全く関係性のない独立した作品ではありますが、プレイ感やハンドアウトのテイストなどは類似しております。そのため今までの作品を楽しめた方々は楽しい時間を過ごしていただける可能性が高く、今までの作品を楽しめなかった方々には退屈な時間となる可能性が高いと考えております。自分の好みにあったシナリオをプレイしていただきたいという意図として、このような注意をしております。

今作は推理をしつつも、ロールプレイを楽しむことを考えて作っております。ハンドアウトの読込時間は非常に長く設定しており、一部については事前配布がございますのでその点もご注意ください。皆様がこの作品を十分に楽しんでいただけますことを、作者として心よりお祈りしています。



プレイ環境上の注意

当マーダーミステリー「タミステ」の公演は、ディスコードとココフォリア盤面を用いて行います。ココフォリア盤面でもタブレットでも動作する可能性もありますが、PC環境を前提に使用していることから、PCの使用をお願いしております。



シナリオ性質上の注意


当シナリオは「自殺」に関するテーマを含んでおります。決して自殺を推奨することを意図したシナリオではございませんが、精神的なトラウマがある方や自殺というテーマ自体に強い嫌悪感を抱く方は避けた方がよいかと思われます。

Categories: list