〜登場人物一覧に戻る〜




「それでさー、デッドリフトの重量が…って…
 ねえ、絵理香。大丈夫?飲みすぎちゃった?」


「4号君」が、私の方を見て心配そうに言った。


「ううん、大丈夫、心配しないで。」



飲みすぎてなんてない。ただ、退屈なだけ。
なんて、口が裂けても言えない。



お気に入りの「1号君」に残業が入ってしまったため、
仕方なく、時間つぶしに予定を入れてみた。
しかし、まあ失敗だったかもしれない。



「4号君」は、彫りも深くイケメンの部類だ。
身長も180センチと高く、引き締まった細マッチョ。
外見的にいえば、かなりの好物件だ。



しかし、この男が「4号」の枠からでれないのは、
絶望的なまでの話のつまらなさだ。
口を開けば出るのは、筋トレとフットサルの話題。




最初はアウトドア派の好青年と思っていたが、
ジム帰りにシャワーも浴びず、
汗臭いままデートに来た時は、流石に引いた。



私は、酔ったふりをしながら、
バレないように、スマホで無料で読める恋愛漫画をスワイプしていた。



最近、どの男の人といても、どこか居心地が悪い。



もちろん、楽しくないわけではない。
ただ、自分が自分ではいられないようなそんな感覚をいつも感じる。



「よかった。
 そしたら、俺は少しトイレ行ってくるわ。」



「4号君」は、そういうと席を立つ。
私が退屈なことにも気づけない。
だからあなたは「4号君」なのよ。



もちろん、恋人関係にはなりたくはない。
暇や寂しさを紛らわすための存在だ。
私はこれ以上進んだ関係になることは望んでいない。



「別れるってどういうこと!」



後ろの席から、女性の大きな声がする。
私は、思わずその声のする方を振り向いた。


他人の別れ話ほど気になるものはない。


すると、そこには小柄でかわいい女性が席を立っていた。
私とは似ても似つかない、いわゆる清楚な感じの子だ。


顔は怒ってはいるものの、モテそうだなあ。と直感的にそう思う。
そんな子の彼氏さんは、どんな素敵な方なんだろうと思わず見たくなるが、
こちらに背を向けて座っているため、姿を確認することはできない。


「美波ちゃん。君のことはもう知り尽くしちゃったんだ。
 何を考えているのかも、何が嫌いで何が好きなのかも。」


「私が拓海くんのこと、
 どれだけ思ってるのかなんて知らないでしょ?
 人の考えていることなんて、分かるはずないじゃない。」


女性の名前は美波、そして彼氏さんの名前は拓海だ。
頭の中で、恋愛漫画のような相関図が浮かび上がってくる。


「君ってさ、僕のこと外面だけでしか見てないでしょ。
 お金があって、自分のいうことを聞いてくれる男の人。」


「そんなことないよ!
 拓海くんの中身が好きなんだよ!」


彼女がそういうと、彼は彼女が机に置いた財布を指差す。


「それ、確か僕が誕生日プレゼントにあげた、財布だよね。」


「うん、拓海君がくれたから、いつも大事に持ち歩いているんだよ。」


彼女は、財布を大事そうに手に取る。
確か、ブランド物の高い財布だ。


「ねえ、美波ちゃん。
 その財布の中に、今日のデート代って入ってた?」


「それは…ないけど…」


「やっぱり、元から払うつもりはなかったんだね。」


彼女の言葉はしどろもどろになった。


「じゃあね、美波ちゃん。
 ここのお会計は僕がしとくから、もう帰ってよ。
 僕たちは、ここでおしまいにしよう。」


彼がそう言うと、彼女は泣きながら出口へと歩いて行った。


生々しい別れ話に立ち会ってしまうなんて、びっくりした。
恋愛漫画よりも波乱の展開に、私は驚きを隠せないでいた。

「お待たせ、ごめんねー。」

その声は、トイレから帰ってきた「4号君」だった。
20分も帰ってこなかったのは、
何かと格闘でもしていたのだろうか。


私は「4号君」にお会計を急かし、店を後にした。



しっかり割り勘だった時には彼の顔を凝視したが、
私の顔には、全く気付いてはいないようだった。


「もう一軒いこうよ。」


という「4号君」を「明日仕事だから」という理由で笑って振り切り、
自宅に戻ると泥のように眠った。



〜第1章1節 月極恋愛契約締結に進む〜

カテゴリー: hidden