〜エイダ第二幕:選択肢へ戻る〜





議論を行なったが、
有効と思える選択肢は見当たらなかった。



5人の王達は、エイダに対抗する策を
あげることは出来なかった



エイダは不気味に口を歪ませる。




さあ、真の闇に葬られるが良い。





エイダが手を掲げると、
5種族の王たちは永遠に終わることのない闇に包まれた。
それは、スタンが予期した通りの「未来」であった。




スタンは闇の中、よりよい選択肢は、なかったのかと考える。



もう少し、考えるべきことはなかったのだろうか。



僕は、この「未来」を受け入れるべきなのだろうか。





スタン・ローデンを選択したプレイヤーのみ、
以下の選択肢から自らの行動を選んでください。
(このゲームに大きな影響を与える選択となります。)


スタン・ローデンは以下の選択のいずれかを宣言し、
全てのプレイヤーは、その選択したページを開いてください。



この「未来」を受け入れる。

この「未来」を受け入れない。

カテゴリー: eida