PM6:00

屋敷の裏口で目が覚め、書庫へと隠れた。



PM6:20

ロージュは1度書庫へと入り、手帳のようなものを持って出て行った。



PM7:00

裏口から出ると、バーニーと遭遇した。
「旧道」から広場へと下る途中、チャルドと遭遇した。
もう一人誰かとすれ違うが、その人物の顔は見ていなかった。



PM7:30

広場でディーダにチャルドの家を訪ねた。
教えられた通りに住宅街へと向かった。



PM7:40

チャルドの家に向かうが留守だった。
スカーフを付けた犬とエリザに追われる。



PM7:50

エリザはディーダと目があうと、追跡を一度やめた。
スカーフを付けた犬は、後ろをついてきていた。
「正面階段」を上って逃げた。



PM8:10

自由の祠の後ろに隠れると、正面玄関で、
エリザとレイドが話す声がした。



PM8:20

誰かが自由の祠へと近づいた。
何かが割れる音と、何か大きなものが倒れる音がした。



PM8:30

開けられていた窓から執務室へと入った。
机の上には書庫の鍵と手紙があった。



PM8:50

謎の人物が書庫の扉をこじ開けようとしていた。
驚いて机にぶつかると、謎の人物はその音に驚いて逃げていった。
そのとき、他の誰かが、執務室の前を通った気がした。



PM9:00

小雨が降り出すと、自由の祠の方から甘い匂いがした。
先ほどの謎の人物が、自由の祠を横切って正面玄関へ向かった。
書庫の扉にはこじ開けられた形跡があり、血液が付着していた。
先ほどあった鍵を差し込むと、扉は開く。

山の方から爆発音が聞こえたため、慌てて書庫へ駆け込んだ。



PM9:10

書庫には、小瓶と銃が置かれていた。



PM9:30

銃をおもちゃだと思い手に取ると、誤って弾丸が発射された。
誰かが近づいてきたので、慌てて隠れた。



PM9:40

謎の人物が銃を持ち、どこかへといってしまった。
万年筆を使い、助けを求める手紙を書いた。
「執務室」に落ちていたはずの手紙がなくなっていた。
正面玄関から屋敷を出て、「正面階段」に向かった。



PM10:00

スカーフを巻いた犬が現れ、手紙を取られた。
「正面階段」から「広場」に向かった。



PM10:10

屋敷の方から銃声が聞こえた。



PM11:00

「広場」から「住宅街」に向かい、チャルドの家を訪問した。



深夜
レイドが訪問し、ロージュが殺害されたことをチャルドに告げた。




落とした手紙を探すために屋敷へと向かった。
地面を掘り返すとナイフが見つかり、慌ててカバンに隠した。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です