シナリオテーマ「僕の使命。」



僕が住んでいるのは、ルーデルという港街。
周りは山と海に囲まれていて、たくさんの船が人や物を連れてくる。




ルーデルは、様々な人々が行き交う、交差点のような街みたい。
初めは何もない土地だったんだけど、昔の人が開拓したんだって。
他の場所では生きていけなくなった人も、ルーデルに集まっているって聞いた。



僕は、この場所お母さんと妹のゲルダと3人で暮らしている。
僕とゲルダは、双子の兄弟だ。



でも、僕の方が先に生まれたから、
お母さんもゲルダも、僕のことをお兄ちゃんって呼んでる。
初めは恥ずかしかったけど、
お兄ちゃんって言われるのも悪くないって最近は思ってるんだ。


お母さんは、この街で、郵便配達のお仕事をしてる。
お仕事もしながら、僕たちのお世話をするのって大変なことだと思うんだ。
でも、お母さんはいつも笑顔を見せてくれる。



仕事で疲れているはずなのに、辛そうなそぶりは一切見せなかった。



「ゲルダ、フォード。
 あなたたちは、誰よりも人のことを思いやれる子になるんだよ。」



お母さんは、何かあるたびにこんなことを言う。
僕たちが頷くと、お母さんは暖かく笑ってくれるんだ。
お母さんは、いつも僕たちのことを一番に気にかけてくれる。
僕も、いつかお母さんみたいな人になりたい、って心から思うんだ。



お母さんが、僕たちに今までしてくれたことに対する感謝は忘れてない。
だから、いつか絶対に恩返しをしたいと思ってた。
でも、恩返しっていうのは、いつでもできるわけじゃないってことに、
僕は、最悪の形で気づくことになるなんて思いもしなかった。




これは、つい昨日のできごとだ。



「お母さん、ただいま!」



僕は、学校から帰り、扉を開けながら言った。
でも、お母さんからの返事はなかった。



お母さんの靴は玄関にあったから、家にいるはずだ。
僕が家の中を探していると、後ろからゲルダの声がした。



「お兄ちゃん!」



その声は、泣き声が混じっているみたいだった。


「お母さんが…!お母さんが…!」



ゲルダは、溢れてくる涙を手でぬぐっている。
何が起こっているかは分からない僕を、ゲルダは病院に連れていった。
僕の胸は、不安でいっぱいだったんだ。



そして、ある病院のある部屋に案内されると、
昨日までにっこり笑っていたお母さんが、とても苦しそうな顔で倒れていた。
お医者さんは、僕の顔を見ると、1つずつ今までのことを説明してくれた。



お母さんは、今重い病気にかかっていて、つい先程この病院に運ばれたこと。
その病気は、ほとんど研究が進んでいないこと。
そして、お医者さんは、悲しそうな顔で言った。



「この病気は熱や咳を中心に、全身に焼けるような痛みが走るんだ。
 こんなになるまで、よく意識を保っていたものだ。
 マリーさんは、ずっと我慢してたんだろう。」


マリーというのは、僕のお母さんの名前だ。
お母さんが、僕たちのために病気を隠してた。
お医者さんからこの話を聞いた時、僕はここ数日のお母さんのことを思い出す。



お母さんは、いつもと変わらない笑顔で僕たちにご飯を作って、
掃除をして、寝るまでずっとそばにいてくれた。
僕もゲルダも、お母さんが今日倒れるまで、変化にずっと気づかなかった。




お母さんは、僕たちに迷惑をかけないために、
ずっと一人で我慢をしてきたんだ。涙があふれてきた。




何が恩返しだ。
お母さんが、辛いことに気づいてあげられないなんて。



「お母さんの病気を治せる人はいないの?」



僕は、藁にもすがる思いで、お医者さんに聞いた。



「心当たりはあるが….」



お医者さんは、僕から視線をそらす。
そして、そのまま言葉を続ける。



「確か、都市リーヴァ出身の科学者の一人が、
 この病気の研究をしているという噂を聞いたことがある。」




「その人は、今どこにいるの?」




僕は、お医者さんの言葉に割り込むように言った。
すると、お医者さんは少し間をおいて返した。



「ここから、山を越えたところにあるハレル村だ。
 確か、その科学者の名は、チャルドという者だったはずだ。」


「僕が、その人を連れてくる。」




僕がそういうと、お医者さんは慌てて止める。



「無理だ。あそこは、外部から入ることができない。
 それに、もうすぐ夜が来るだろう。
 山で迷ってしまうに違いない。」




お医者さんは必死に止めようとしたが、
僕の目を見ると、何かを決したようだった。




「少しでも、危ないと思ったら帰ってくるんだ。いいね?」

「わかったよ、お医者さん。」




僕が病室から抜け出そうとすると、お医者さんは僕を呼び止めた。



「これを持っていくといい。私からの紹介状だ。」



そういって、お医者さんは僕に1通の封筒を渡した。
僕はそれをカバンに入れて、病院を飛び出した。
自分の家へと戻り、必要なものをリュックに詰める。




僕が準備をしていると、
病院から抜け出した僕を心配してきたのか、ゲルダが家へと帰ってきた。


「お兄ちゃん、どうしたの?
 いきなり病院から飛び出しちゃって…。」




ゲルダは息切れをしていた。
僕はゲルダに向き直ると落ち着いて答えた。




「ハレル村に行ってくる。お母さんを助けるんだ。」




すると、ゲルダはびっくりしたように僕の方を見た。




「ダメだよ!お兄ちゃん!
 見張りの人に捕まったら、殺されちゃうかも。」




ゲルダは焦っているが、僕の気持ちは変わらない。



「大丈夫だって。任せて。」

「それだったら…私もいく!」




ゲルダは、震えた声で言った。
勇気を出して言っていることが声から伝わってきた。




「ゲルダ、お前はお母さんの近くにいてあげるんだ。
 お母さんの近くにいて、支えになってあげて。」



ゲルダは、しばらく考えていたが、ゆっくりと頷いた。
そして、何かを思い出したように口を開く。




「あのね….私見てたんだ。
 私の知らない文字だったから、多分ハレル村の人に向けた手紙だと思うの。」




僕は、お母さんが他の人から手紙を受け取っていたのを思い出した。
お母さんは、いつかこの手紙を届けなきゃいけないっていってた。




「手紙は、どこにあるの?」

「確か…そこの引き出しの中にしまってたはず。」




ゲルダは、引き出しを指差す。
僕が引き出しを開けると、そこには何通かの手紙が入っていたんだ。
カバンの中には、お医者さんからの手紙も入っている。




でも、僕もゲルダも
ハレル村で使われているハレル文字がほとんど読めないから、
何が書かれているかはわからない。




ルーデルには、他の場所では生きられなくなった人もいる。
お母さんは、その人たちとよく話していた。
お母さんはそんな人達から、
どうしても出せない手紙を預かっているみたいだった。



お母さんは、いつかこの受け取った手紙を届けるつもりらしいけど、
僕が大きくなるまでは、僕のことが心配だから待っているみたい。
お母さんがやらなきゃならないことは、僕がやるんだ。
そう思って、僕は手紙を、全てカバンの中に入れた。



暗くなってしまえば、明かりのない山道は危険になってしまう。
だから、急いでハレル村へと行こうとした。
僕はルーデルをでて、山道を登っていく。
足取りは重いけど、辛いなんていってられない。




しばらくすると、下の方に、大きな屋敷のような場所が見えた。
あそこがハレル村か….




ほっと息をついた時、僕は斜面で足を滑らせ、ゴロゴロと坂道を転がった。
そして、気がつくと、どうやら僕は大きなお屋敷の後ろに居たんだ。




僕は、必ず、お母さんを助けなければならないんだ。
だって、まだ僕は恩返しをしていないんだから。
お母さん待ってて。僕が助けてあげるからね。




0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です