夕方になり、空はだんだんと暗くなる。
すると、大きな音が町の方角から鳴り響いた。
それは、10年前に聞いた「花火」の音であった。



ふと、ベルが言っていたことを思い出した。
それでも、私はこの村の人たちを信じてるんだ。
きっと、本音を話してみたら、みんな同じ方向を向いてるって思うんだ。



科学者として、人として、私はどうすべきか自分に問いかける。
私は、決心した。



【運命の選択】シナリオに大きな影響を与えます。




・レイドを何とかしてこの場から遠ざけ、追加の議論を行う。
 レイドの合図で、右手をあげてください。



・即座に「投票の儀」を行う。
 レイドの合図で、左手をあげてください。

カテゴリー: onisagashi

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です