「おにさがし」開催録

第1回「おにさがし」〜イメルダ毒殺事件〜

外部から来た科学者であるイメルダが命を落とした事件である。「おにさがし」の結果、前村長が犯人とされた。彼とイメルダの間では、以前から、政治活動をめぐる衝突があった。毒物が含まれていた茶は当日まで密封されており、その場には2人以外の人物しかいなかったことが決め手となり、前村長が犯人として選ばれた。最終的に、犯人となった前村長は、人間不信に陥り、自ら命を絶った。



第2回「おにさがし」 〜ハレル村司書密通事件〜

外部の者との密通をしていた罪で、ハレル村の司書であったベルがこの村から追放処分とされた事件。本人の自白もあったことから、「おにさがし」は短時間で終了した。



第3回「おにさがし」 〜「自由の宝玉」窃盗事件〜

この村の独立の象徴にもなったとされる宝石である「自由の宝玉」の窃盗事件である。普段は、広場にある自由の祠に祀られており、村人達は交代でその管理を任されることになっている。ジャックとジェニスが最後の管理当番であったことから犯人とされた。「自由の宝玉」の窃盗は死罪にあたる罪であり、最終的な犯人となったジャックとジェニスは、村長の側近であるエリザにより処刑された。

カテゴリー: onisagashi

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です