〜エイダ第二幕:選択肢へ戻る〜





人間の王、スタン・ローデンは、
「王家の短刀」をエイダに向かって投げつけた



しかし、「王家の短刀」はエイダの体をすり抜け、
そのまま壁に当たって音を立てる。
物理的な攻撃は、一切効かなかったようだ。



しかし、エイダは不気味に口を歪ませる。




さあ、真の闇に葬られるが良い。





エイダが手を掲げると、
5種族の王たちは、永遠に終わることのない闇に包まれた。
それは、スタンが予期した通りの「未来」であった。




スタンは闇の中、よりよい選択肢は、なかったのかと考える。



もう少し、考えるべきことはなかったのだろうか。



僕は、この「未来」を受け入れるべきなのだろうか。





スタン・ローデンを選択したプレイヤーのみ、
以下の選択肢から自らの行動を選んでください。
(このゲームに大きな影響を与える選択となります。)


スタン・ローデンは以下の選択のいずれかを宣言し、
全てのプレイヤーは、その選択したページを開いてください。



この「未来」を受け入れる。

この「未来」を受け入れない。

カテゴリー: eida