〜投票画面に戻る〜






ドラゴ・ヴァルスローダは、静かに皆の顔を見つめる。



他の王達は、自分をエイダ殿を殺した犯人として選ばなかった。



自分は、今はもう動かなくなったエイダ殿の死体を見つめる。
死体はうつ伏せになり、その顔を見ることはできない。



“ワシは、いつか道を誤ることもあるだろう。
その時は、ドラゴ。お前に、ワシを殺して欲しいのだ。”



あのとき、エイダ殿は自分にそう言った。



まさか、あの冗談のようなやりとりが、
このような形で実現することになるとは思わなかった。



自分はエイダ殿を殺した時のことを、もう一度思い出す。



そういえば自分がエイダ殿を殺した時、
最後にエイダ殿は、自分に笑いかけた気がした。



あの笑いは、一体何を意味していたのだろう。



自分は、犯行を隠し通したままこの会議を終え、
自らがこの大陸の秩序を担おうとしていた。



しかし、エイダ殿を自らの力で殺した自分に、
その役は、もはや意味をなさないだろう。
自分は、口を開いた。



「自分が、エイダ殿を殺した犯人である。」



自分は全てを打ち明ける決意をした。



その声は、「玉座の間」に虚しく響くのであった。




解説




犯人は、竜人族の王、
ドラゴ・ヴァルスローダである。



ドラゴは、10年前、エイダに”あること”を頼まれた。



それは、もし自分自身が道を誤ることがあれば、
自らを殺してほしいという希望であった。



それを聞いたドラゴは決して、
そんなことは起こるはずはないと思いながらも、約束に応じた。



しかし、10年後、この約束は最悪の形で叶えられることとなる。



エイダは、どんな経緯かはわからないが、
10年前の優しさを失った悪王となってしまった。



リスピア大陸の和解協定は、反故にしようとし、
この大陸を力で支配しようと試みていたのだった。



変わってしまったエイダを、
自分は止めなければならない。



そう思ったドラゴは、10年前の約束を実行するために
エイダを殺害したのだった。






それでは、ドラゴはどうしようか。
打ち首にして晒し者にでもしようか。
串刺しにして、竜人国にでも送り返そうか。


切り刻んでバラバラにするのもいい。
焼いて灰にして山に捨てるのもいい。


え…?
誰が、こんな残酷なことを考えているのかって…?









ワシは。







ワシは。ずっとお前たちの前にいるだろう。













こいつは、許されてはならないんだ。












こいつはワシを殺したんだ。








こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ







こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。こいつはワシを殺したんだ。


















お前達、本当に
この物語が終わったとでも思うのか?











リスピア大陸は、ワシが支配する。
お前達に、止めることなどできまい。















ワシは、エイダ。

お前たちを『救って』やる。





エイダ・ローデンは、そう言うと不気味に笑った。



その光景は、スタン・ローデンが見た
最悪の「未来」だった。





「エイダ」第二幕へ進む



カテゴリー: eida