〜あらすじに戻る〜


ルール



・犯人が、自らが犯人であること公開する行動の禁止。
(あらゆる状況から犯人であると明らかにされても、否定し続けること。)


・嘘は、犯人以外の人物もつくことができる。


・2人が同票となった場合には、犯人の票が有利となる。


・投票によって犯人を決めるが、犯人の処遇はその後で決めることとする。






登場人物紹介



人間の王: エイダ・ローデン(選択不可)

平和を好む人間の王。目立った行動はせず、いつも穏やかに笑っている。前回のリスピア公会議では、大陸における和平協定を結ぶことに成功した。周囲の人間は、彼が誰にでも手を差し伸べることから、「救いの王」と呼んでいる。彼は今まで亜人の王以外に姿を見せることはなかったため、彼は人間と亜人の王のみにしか知られていない。一人称は、「ワシ」。




人間の王子 後継者スタン・ローデン

エイダの息子であり、非常に憶病な性格の王子。周囲の人間からは、その性格から王としての資質を疑われることもある。何やら、少し先の未来が見えるという噂がある。一人称は、「僕」。




獣王  ヴァル・ドレッド

血気盛んなオスの獣人族の王。オオカミの獣人。争いごとが好きであり、平和を好むエイダとは意見が対立することが多かった。鋭い爪と牙を持っており、獣人族特有の聴覚と視覚の強さを持っている。一人称は、「俺」。



海人女王 マリン・アントワーネ

美しく周囲を魅了する海人族の女王。クマノミの海人。常に高価なネックレスや指輪を着けている。海人族の中でも魔力が比較的高いことから、陸上でも条件付きで生活することができる。一人称は、「わたくし」。


竜王  ドラゴヴァルスローダ

落ち着いた性格で周囲をまとめる役を担う竜人族の王。非常に鋭利な爪と、口から放つ炎は驚異的な破壊力を持つ。しかし、それだけ強力な力を持っていても、不暴力を貫くのが彼の信条である。いわゆる堅物な性格で、あまり感情を表には出さない。一人称は、「自分」。



妖精王女 リリー・フローラ

不思議な性格を有する妖精族の王女。人間の幼女のような見た目をしているが、今年で90歳になる。何やら強力な魔法を使えるという噂がある。血を見るのが苦手。今回は、妖精王の代理として参加している。一人称は、自分の名前である「リリー」。




次の5人の中から、
自分の演じる登場人物を一人選択して下さい。


「スタン・ローデン」を選択する


「ヴァル・ドレッド」を選択する


「マリン・アントワーネ」を選択する


「ドラゴ・ヴァルスローダ」を選択する


「リリー・フローラ」を選択する





カテゴリー: eida