〜ドラゴ・ヴァルスローダの個人配布に戻る〜





プロフィール



ドラゴ・ヴァルスローダ

落ち着いた性格で周囲をまとめる役を担う竜人族の王。非常に鋭利な爪と、口から放つ炎は驚異的な破壊力を持つ。しかし、それだけ強力な力を持っていても、不暴力を貫くのが彼の信条である。いわゆる堅物な性格で、あまり感情を表には出さない。一人称は、「自分」。


あなたの情報

・あなたは、炎の息吹を吐くことができ、それはこの国全体を覆うほどの業火になり得ます。また、あなたの爪は金属のように非常に鋭く、石ほどの硬度だとしても容易に切り裂くことができるでしょう。



・あなたの全身は龍の鱗に覆われています。鱗は刃物を通すことはなく、熱や氷に対する耐性も非常に高いという特徴があります。


メインミッション


あなたが、最も達成すべき目標です。
サブミッションよりも優先して、達成を目指してください。

・あなたは、この事件の犯人かどうか定かではありません。
 まずは、記憶を取り戻すことを目指してください。
 (その後、新たなミッションが与えられます。)



・記憶を取り戻すまでの間は、
 自身が犯人ではないと思うのであれば真実の追求を、
 自身が犯人だと思うのであれば真実の隠蔽を行なってください。



ローデン城地図

2階
1階
地下室




メインシナリオA

王との対話



ローデン城の雰囲気は、
10年前よりも、薄ら暗く不気味に見えた。



自分がローデン城の扉から中に入ると、
他の亜人の王達は、既に王との対話を終えていたようだった。



亜人の王達とすれ違ったが、
どの王も途方もない怒りと悲しみで溢れているようにみえた。



「玉座の間」に入ると、
そこにはエイダ殿が玉座に座っていた。



「エイダ殿、お久しぶりでございます。」



「ドラゴか、懐かしいな。手短に話すとしよう。」



エイダ殿はそう言うと、



玉座から立ち上がって自分に近づく。
しかし、その様子は10年前の姿とは明らかに異なっていた。



あの優しげな表情は無くなっており、
目は吊り上がり、声もどこか冷たく感じた。
まるで人が変わってしまったようだ。



「エイダ殿、今回、亜人の王達を招集したのは、
 リスピア大陸の和平協定をより強固にするためでしょうか。
 自分は、あなたに協力する予定です。」



自分がそう伝えると、エイダ殿は笑った。
ただ、あの穏やかな微笑みではなく、
その声と表情は、嘲笑に近いものだった。



「あの和平協定は、もはや用済みだ。
 ワシは、和平ではなく支配の道を進むのだ。」



「どういうことですか?」



自分は、エイダ殿の言っている言葉の意味が、
全くと言っていいほど理解できなかった。



「聖都カタリアには、この世界を変えるほどの力があった。
 ワシは、この力を使ってこの大陸を支配するつもりだ。」



「10年前に結んだ和平協定は、どうなさるおつもりですか?」



「ドラゴよ、あんなものは、支配のための時間稼ぎに過ぎない。
 5種族の王が和解できると、本当に考えていたのか?」
 


あの善王のエイダ殿の姿はもはや無くなっていた。
いや、そもそもこれは仕組まれていたものなのかもしれない。



あの穏やかな笑みさえ、作りものだったのかもしれない。



目の前にいるのは、強大な力に支配された悪王だ。



自分は、あの時の約束を思い出した。



“ワシは、いつか道を誤ることもあるだろう。
その時は、ドラゴ。お前に、ワシを殺して欲しいのだ。”



エイダ殿は、あの時、自分にそう言った。
自分は、この王を止めなければならない。



たとえ、エイダ殿を殺すことになったとしても…




メインシナリオB

〜エイダ殿を止めるために〜

悪王となったエイダ殿を、自分は止めなければならない。そのために、自分は何をすべきなのだろうか。殺さずにすむ方法があれば、それを実行すべきだろう。しかし、それがなければ、自分は何をすべきなのだろうか。




0:00「約束」




自分は「客間」を出て、2階への階段を登っていた。


エイダ殿ともう一度話し合いたいと考えたのだ。
やはり、10年前の約束が嘘だとは思えない。



あの時のエイダ殿は、
真にこの大陸の平和を願っていたはずだ。



自分は「客間」から2階への階段を上がり、「玉座の間」へと向かう。




0:10「玉座の間へ」




自分は、「玉座の間」の扉を開ける。



すると、エイダ殿は、既に玉座に座っていた。




「やはり、考え直すおつもりはないのですか。」



自分は、エイダ殿に尋ねる。



すると、エイダ殿は自分に背を向けた。



「そんなものはない。
 お前にも分かるだろう。この大陸には秩序などない。
 だからこそ力による支配が必要なのだ。」



その口調は、強い意志のようなものを感じた。
もはや、そこにある実像は、悪王の姿でしかなかった。


そこで、自分は何かを決心した。



しかし、なぜか、ここからの記憶を思い出せないのだ。




0:20「???」



自分が何をしたのか、思い出すことができない。




0:30「???」



自分が何をしたのか、思い出すことができない。



0:40「エイダと会う」




気づくと、自分は「客間」にいた。



自分は、「玉座の間」で
エイダ殿と話をとしていたはずだ。



しかし、なぜか自分は「客間」にいる。
不思議なことに、ここ20分間の記憶が消えているのだ。



自分は何か嫌な予感がしたため、「玉座の間」へと向かった。






0:50「叫び声」




自分が階段を登っていると、
「玉座の間」の方から女性の叫び声がするのが聞こえた。



階段を登り終えると、
ヴァル殿が「食堂」からこちらの様子を伺っていた。



自分が「玉座の間」に入ると、
そこには、衝撃的な光景が広がっていた。



なんと、玉座の前で、
エイダ殿がうつ伏せのまま倒れているのである。
そして、彼はすでに息を引き取っていた。




1:00「エイダ」



スタン殿とリリー殿が、
「玉座の間」に入ってくる。



エイダ殿の死体に気づくと、2人は呆然としていた。



自分は、確かにエイダ殿と話していたはずだ。



玉座の前の血だまりには、
何やら、短刀のようなものが置かれていた。



誰が、エイダ殿を殺害したのだろうか。
もしかすると、自分がエイダ殿を…



とにかく、記憶を取り戻さなければ…




〜ドラゴ・ヴァルスローダの個人配布に戻る〜




カテゴリー: eida